[釣り]江ノ島のサバ事情

釣り

一昨日行ってきたので。

サバが釣れるシーズン

4月辺りから6月いっぱいまでが基本的にサバラッシュ期間。

手の指くらいのサイズからはじまり、日を追う毎にサイズアップする。開幕当初はアホみたいに小さいのが釣れて嫌になってくるんだけど、今頃になると掌くらいになってくるのでフカセで掛けてもしっかり走って面白い。まだ面白い。サイズが上がると数も減ってる感じがするので心も穏やかでいられる。それでも飽きるけど。

サバが釣れる時間帯

基本的に一日中。朝一とかは入ってないけどコマセが効いたり人が増えてきた辺りで居着いてくる。居着いたら一日中なのでかなりしんどい。オキアミやらコマセをしっかり食ってくるので満腹まで粘れば、と思っても、数の暴力には負けるねって感じ。

サバが釣れるポイント

潮通しが良ければどこにでもいる。グレよりもワンドの奥に入ってくるのはバイタリティの高さなのか、知能的なものなのか。グレの群れよりもパターンに入れやすいので、コマセを打っていけば好みの位置まで引っ張ってこれる。

サバの釣り方

下準備として、確実に狙うならコマセで寄せるのがいい。鉄板はオキアミ。でかい口で丸呑みにしてくるんで、針先を出すとかして掛けやすくしないとすっぽ抜けるのが難点。疑似餌でもいいんだけどアクションが付けられないとなかなか食ってこない感じ。足元でやるよりは10mくらい投げた方がいい。

フカセの場合

ウキ下1ヒロくらいの完全固定仕掛け。針はチヌ2号くらい。ガン玉は付けなくていいけど、アタリを取りやすくするとか仕掛けを張る目的で口ナマリ的なのを付けるのもあり。スイッチが入ると落パク率がかなり高いんで、潮の向きに合わせて仕掛けを張った状態で投入。アタリを待つよりはしっかり合わせるゲームになる。

パターンに入るとメチャクチャ釣れるので、釣り針1つなのにサビキよりもパフォーマンスが出ることもある。

サビキの場合

際ギリギリまではそんなに来ないんで、ウキを付けて投げた方がいい。でもって、待つよりは投げて巻いてきてをするのが良さげ。竿の長さとポイントが許すならウキ無しで上下に揺らすのでもいいけど。垂らして待ちたいならオキアミを付けた方がいい。サビキに餌をつけるのは面倒なんで、そしたら胴突じゃん、ってことにもなる。

掛かったらそのまま泳がせば他の疑似餌に食いついてきたりするんだけど、ウキを付けてるとウキで引きに耐えることになるんでパワー不足で根掛かりとかが怖い。鯉のぼりにすると楽しいけど外すのがめんどくさい。絡まりやすいから注意。

釣ったサバの処理

流石サバは生き腐れなので時間との勝負になってくる。だから氷締めするのが手っ取り早い。

何かしら処理をしておきたいならサバ折りしてエラを取って水につけて血抜き。内臓も取ってしまいたいけど程々のサイズになってくると腹を裂きにくくてめんどい。小さいと爪で割いてこそげるんだけど。で、そんなに悠長にしてられないので血抜きもそんなにできないよなって感じ。というか、血やら汁はあっという間に臭くなるのでテンションが落ちる。

やっぱり氷締め、ロックアイスを買っておいて釣れた端から突っ込むのが良さげ。だけど釣れだすとすぐにパンパンになって袋に入り切らなくなる。だから入れ物が欲しい。保冷バッグよりはクーラーボックスのほうが楽かもしれない。保冷バッグの場合は氷*2で挟む感じでジップロックとか。

サバ以外の狙い方

まあ、フカセは太刀打ちできないと思った方がいい。コマセを打ち分けたらそれぞれに群がって意味ないじゃん、みたいなことになりがち。とはいえ5月に比べたら6月は優しいので、時間を置いたりポイントを替えたりで頑張れば、運が良ければ違うのが釣れる感じ。グレもちょっと大きいのがいた。でもまあ、正攻法だと無理じゃないかなって気もする。棒ウキ派の人を見てみると1号とか背負わせてボトムを狙ってる人が多いようで、そういう皆さん足元でやってる。釣れなくはないっぽいけど魚のルートがわかってないと結構きつそうな感じもした。コマセは打ってるけどそれってフカセなのかしらとちょっと疑問があったり。好きにやれよって話だけど、足元だけって、ね。しかし、対サバとして見るとかなり有効だと思う。

最近根魚を釣ってる人をよく見る。結構高回転で釣れてる感じがするので、待つ釣りだけどそこまで暇でもないかなって感じ。潮はあんまり関係なかったというか、下げ潮の時が狙い目かなってくらい。根魚に限らないけど。

で、春先はマジで地獄だったけどダンゴ釣りも光明が見えるようになってきた。一時期鳴かず飛ばずだったけど何かしら釣れるようになった。ダンゴはエサ取りに強いので、こういうときに選択肢として持っておくのがいいかなって感じに。だけど急に始めても分からん殺しが多すぎるので、普段からたまにやってみてある程度分かっておくのがいいと思う。釣れないときは釣れないけど釣れるときは釣れる、しかもデカい。先々週だかにアイゴを掛けてる人がいたので羨ましかった。フカセ派だけどダンゴの良さもなんとなく分かってきた。

ファミリーフィッシング

要点さえ押さておけばいくらでも釣れるんで、家族で釣りに行きたいなら今だと思う。せっかくの家族団らんでボウズは悲しい。濡れても寒くないしね。日焼け止めと水分補給と安全面に気をつけてぜひとも足を運ぶべきだと思う。

ということは釣り初心者に優しいわけで、沼に沈めるいい機会でもある。成功体験こそ全てなので。釣れなくて反骨精神が持てるのはかなりレアだし。自分のノウハウを提供して成功してもらい、仲間を増やし、データを増やし、自分の釣りに還元してウハウハになりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました