[釣り]江ノ島フカセの釣り鉤サイズ事情について

釣り

掘り下げるところ多いね。

環境のおさらい

何度も書いてるけど、江ノ島は魚のサイズが小さい。

シーバスやら何やらの大きめの魚が少ないのと、グレは20cmがアベレージみたいな感じで小さいのばっかり。釣具屋にある魚拓レベルは年に1回出たらいいねって感じで、だから記録級のサイズと一般的なサイズの開きがとんでもないことになってる。

ということで、完全に大型狙いのロマン構成でもない限り、でかい仕掛けを組んでも釣果につながらない。それどころか普通サイズで組んでもでかい。小物狙いの構成が適しているということを理解する必要がある。

つらい。

テーマ

ボウズは嫌だ。

釣りの最低限の達成とは何かを考えるとそうなる。頑張れば釣れるとか釣れて当たり前にならないと、ただただリスクの高い勝負に挑むのは「何しに来たんだよ」って話になってしまう。

何でフカセか

一番安定してる。胴付きでもいいんだけど胴付きより釣れる。違いはコマセの有無で、コマセを打てば胴付きでも良いんだろうけど手返しの良さとかタナ調整とか考えたらフカセに決めてしまったほうが楽。フカセの釣り鉤は1つしかないわけで、サイズを変えたければ1つ変えたらおしまいなので手軽。次点でダンゴ釣りがあるんだけど、ダンゴのほうがサイズアップを狙えたりするんだけど、フカセよりも暇な時間が多いのでやってる感が薄い。アレはアレで楽しいけど。しっかり遊んで疲れて帰るならフカセがいいよねって感じ。

ターゲット

フカセをやるとなると磯際周りが鉄板になる。遠投してもいいんだけど、投釣りとかカゴ釣りとかルアーとかとかち合うので、できる場所は限られる。近場は根が結構あるのでそこを狙えば十分かなとか思ったりして、その範囲で見ると釣れる魚種は次の通り。

  • グレ
  • アイゴ
  • ベラ
  • フグ
  • スズメダイ、タカノハダイ、ウミタナゴ、イサキ他

レギュラーになるのはこの辺り。ボラ、チヌは釣果としてレア寄りなので度外視。他にもいるけど詳しくは「江ノ島 魚種」とかで検索すれば一覧で紹介してくれてるページがあったりするのでそこを見るのが早い。

要するに、釣れる魚は口がそんなに大きくない。その上サイズも小さいので口が小さくても掛かるように組んでいこうという話になる。

種類・サイズ選び

フグとかベラでもなければ齧ることはあんまりない、基本的に飲み込む系なので口に収まる事が前提になる。再三ながら小物が多いこともあるので、針は小さくする必要がある。じゃあどんくらいだよって話。

種類でいうとチヌ針は選択肢から外れる。外した方がいい。1号の時点ででかい方なので、どうしてもチヌ針を使いたいなら0.5号とかになる。あんまりないサイズなのでやっぱり諦めた方がいい。

ざっくり言えばグレ針の2号くらいがいい感じ。そこから更に落としてもいい。グレ針で縛らなくても伊勢尼系統の形だったらとりあえず大丈夫。感覚的に言えばオキアミを付けた時に丸いシルエットで収まる感じで完成すればいい。部分的に齧られやすい形になるとフッキングに至らないことがあるので、針もオキアミも込みで口に入るサイズ・形状を選びたい。

雑に言うと小さくすればするほど釣れる。餌は取られるけど掛からない場合はサイズを落とせば解決することがある。じゃあ単純に小さくすればいいかといえばそうでもなくて、針が小さいと結びづらくなる難点がある。糸を細くすれば解決する場合は当然あるし、指がでかいとか視力が弱いとかで小さいものに結ぶのがキツくてお手上げになる場合もある。地味に嫌なところに限界がある。

丸セイゴみたいに長めのやつは使わないのでわからないけど、釣れないことはないということは知ってる。

カエシについて

「スレ針」とか「バーブレス」とかの名称で、カエシのついてない釣り鉤もある。フナ釣りでよく使うイメージだけど海釣り向けの針にもある。

カエシがあればバラしにくい、カエシがなければ刺さりやすい。一般的にそんな評価。

掛けた際にきちんとテンションが維持できていれば針外れによるバラシは基本的にないので、その辺りができていればスレ針のリスクはないものと考えられる。というか、カエシがあっても外れるものは外れるので掛けた際のテンション維持はどの道大事。

江ノ島でやってる上で感じたスレ針のメリットは外しやすさ。掛けやすさはあんまりわからなかった。
釣り上げた後ほどカエシが邪魔になることもないだろうって話で、小さいのを釣ってしまったら外したら死ぬんじゃないのってくらいガッチリはまっちゃってることもある。すんなり外せるとこんなに楽なのかってめちゃくちゃ感動した。

よっぽどアグレッシブなやつを狙っていかない限りはスレ針で遊ぶのが良いと思う。

302 Found

コメント

タイトルとURLをコピーしました