お名前.com RSサーバー + Google workspace設定メモ

まーた難儀な話だよ。

通常の考え方と設定方法

一般的に、ドメインとサーバーを紐付けたら、そのサーバーにはWEBサーバーとメールサーバーが含まれる。サーバー側に機能を一任するからネームサーバーを設定すれば完了する。

DNS設定でもネームサーバーと同様の設定をやれるけど、個別にちまちまやっていく必要があるのでめんどくさい。サーバーによっては情報公開されてなくて設定できない内容もある。

簡単に言うとネームサーバー設定はDNS設定をまとめてやってくれる存在。

で、Google Workspaceは簡単に言えばメール機能で、サーバーからメールサーバー設定だけを切り離す必要がある。

  • webサーバー→レンタルサーバー
  • メールサーバー→google workspace

みたいな感じ。

今回のケース

ドメインお名前.com
webサーバーお名前.com(RSサーバー)
メールサーバーgoogle workspace

こんな感じになる。

既にRSサーバーでメールも使ってたからその点も合わせてやっていく。

やっていく

RSサーバーの使用はネームサーバー設定じゃないと不安定になることを確認してるので、テンプレ通り進める。DNSで紐付けるとたまに表示されないとか、ある。

ということでこんな感じの流れ。

  1. [ドメイン]ドメインをRSサーバーに紐付ける
  2. [Google]GoogleWorkspaceの申込を進めてドメイン所有権証明のTXTをコピーする
  3. [RSサーバー]DNS設定でTXTを設定する
  4. [Google]証明の確認をする

既にメールアドレスを持っていて移行したい場合、ここでアカウントを追加していく。

今の所(2021/07現在)登録時に無料試用期間が適用される。
試用期間中は登録数が10件の上限があって、10件を超える場合は支払い方法を設定する必要がある。

  1. [RSサーバー]DNS設定をやっていく

設定内容はこれ。

Set up MX records for Google Workspace email - Google Workspace Admin Help
Use MX records to verify your domain (if you haven’t already verified it) and to set up Gmail as your professional email. After you've switched to Google's MX r...

まず初期設定されている「MX @ 600 mail**.onamae.ne.jp 10」のやつを削除する。
そうしないと追加できない内容。

で、この設定でドメインとGoogleが紐づく。
ということは、メールが使えなくなる。
必要なメールは予めバックアップを取っておいたほうがいいけどRSサーバーにはバックアップ機能がないので、メーラーを使ったりして個々にやっていく必要がある。

  1. [RSサーバー]メールにある「他社のメールサービスを利用する」をONにする

これでサーバー側のメール設定が完全に切り離される。
おしまい。

メールのログについて

RSサーバーのメール機能は無効化されたけど、メール自体は残ってる状態にある。

Webメール(https://webmail**.onamae.ne.jp/)からログインすれば過去のメールが見れる。
バックアップ漏れがあっても確認できるから助かるっちゃ助かる。

だけど、メーラー設定時にPOP3にするとかしてたらサーバーに残ってない可能性があるんで注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました