BASE+独自ドメインの注意点

前の記事の改良版というか。

やりたいこと

まず、BASEはサブドメインしか使えないからwwwありのドメインを使ってwwwなしへのアクセスをwwwありに転送しちゃえば昔ながらのルール的な考えでいえばBASEで独自ドメイン運用ができるって言い張れるだろ、っていうレギュレーションのもとに行う。

  • BASEを独自ドメインで運用したい。
  • 独自ドメインでメールアカウントを作りたい。
  • サブドメイン運用も視野に入れたい。
  • 当然SSLも入れたい。

できそうに思って意外とできないというか、障害もある。

前提

  • お名前.comでドメイン取得をしてる

とりあえずお名前.comでドメインを取得しておいて、サーバーをどこにしようかみたいな使い方をしてる人は多いらしい。自分もそうしてる。

結論

  • ドメイン:お名前.com
  • サーバー:お名前.com

こうなる。お名前のサーバーは優秀。

問題はドメインとサーバーの紐付けに合った。サーバーによってはネームサーバーしか公開されてなくて、ネームサーバーに紐付けした後はドメインはDNS設定ができない。自分が知ってる中では、サーバー側で紐付けたドメインのDNS設定ができるのはお名前.comだけだった。

契約とか設定とか

簡単なことしかやってないはずなんだけど、サービスによってそもそもできないことが含まれてるんで難解になる。

BASEとドメインの連携

  1. お名前.comでドメインを取得する
  2. お名前.comでサーバーを契約する
  3. ドメインをサーバーと紐付ける
  4. サーバー側でドメイン(www)のDNSをBASEの指定のやつに設定する
  5. BASEでドメイン(www)を設定する

DNSでは指定されたCNAMEを設定する。

お名前.comのドメインの設定方法を教えてください
お名前.comで管理しているドメインをBASEに設定する際の手順は、以下の通りです。※事前に、以下のお手続きが必要です。 BASEにてショップの作成 お名前.comで独自ドメインの取得 ■お名前.com管理画面側での手続き 【ご注意ください】お名前.comのサーバーをすでにご利用の場合、以下のトラブルが発生する可能...

BASE側でドメイン設定したら合わせてSSL導入も無料でやってくれる。

独自ドメイン | BASE Apps
あなたのショップにオリジナルのドメインを設定する事ができます。もちろん無料です。

で、「独自ドメインでBASEを運営する」が前提なので、wwwなしへのアクセスをwwwありに飛ばす仕組みも作る。

wwwありへリダイレクト(SSL対応)

  1. 独自ドメインで無料SSLを契約する
  2. .htaccessでwww無しにリダイレクト設定(http、https両方)
  3. 念の為index.htmlでもwwwありへリダイレクト設定

独自ドメインは 無料SSLを使用できる。
さくらインターネットもお名前.comも「Let’s Encrypt」の案内がある。

Let's Encrypt - フリーな SSL/TLS 証明書
Let's Encryptは、非営利団体の Internet Security Research Group (ISRG) が提供する自動化されたフリーでオープンな認証局です。

これのいいところは、独自ドメインをやっとけばサブドメインもSSLが使えるっていう。逆に、サブドメインだけを無料SSLで運用したいっていうのは無理っていう縛りがある。ここが詰まりやすい。

また、一つ知識として持っておきたいのは、.htaccessで設定しようがmetaで設定しようが、まずアクセスして該当ページを読み込む。そこから転送が発生するわけで、転送設定を割り込ませることができない。だから、SSLを導入してなければhttpsにアクセスしたときにエラーを吐かれる。アクセス先がないからね。

SSLが一般的になるまではwww有無だけを切り替えてればよかったけど、SSLが一般的になったもんでアクセスがhttpなのかhttpsなのかも視野に入れとかないといけない。アクセスしたのに表示されませんでした、SSL入れてないんですねっていうのは、わかってる人じゃないと対応できないし、そうであっても面倒が勝つサイトへの流入はきついもんね。

.htaccessの転送はこんなイメージで。

  • SSL無しへのアクセス→転送先URL
  • SSL有りへのアクセス→転送先URL

やり方は色々あるけどSSL有無を問わずwww無しへのアクセスをwww有りに飛ばす内容になってれば大丈夫。

# example.jpの転送
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.jp$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.jp/$1 [R=301,L]

これでいけるはず。ネットに転がってるのを使いまわしたら上手くいっちゃったんで、あんまり調べてない。

index.html上ではmetaのrefreshを使用して転送する。

<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=【転送先URL】">

転送先はBASE側でSSLが適用されてるからhttpでもhttpsでもどっちでもいいけど、まあhttpsにしたほうが無難。

メール

WEBサイトの設定が済んだんで、あとは好きにメールアカウントを作ればOK。メール関係はBASEと絡まないんで、通常通りの設定でやっていけばいい。

注意点

お名前.comのドメインとサーバーの連携はできてもSSL申請が通らない場合がある。

サーバーと連携する前にドメイン側のDNS設定を既に何かしてたなら、それを削除することで解消する場合がある。道理としてはよくわからない。優先度はネームサーバーが勝ってるけどDNS設定も地味に効力があるみたいな、そんな感じか。「01.dnsv.jp」とかの消せないやつが残ってたら消そう。ドメインの管理画面上で設定内容を強制削除する項目がある。

一番下に書いてある。

DNS関連機能の設定:DNSレコード設定|お名前.com Navi ガイド|ドメイン取るならお名前.com
お名前.com Naviへのログイン方法やログインに必要なID・パスワードの再発行方法、ドメイン移管、DNSレコードの設定、レンタルサーバーの申し込みなど、各種手続き方法をご確認いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました