[bluetooth]AUKEY BR-C1を分解した

ぶっ壊れたからバラした。直った。

馴れ初め

事務所に良いスピーカーがあって、用途がないからスマホを繋いで音楽を流したりしてた。いちいち抜き差しが面倒なのと、業務としてたまに通話するから抜き差ししなきゃいけない、デスクからスピーカー遠い、めんどい、ってことで、bluetoothにしちゃおうぜと、経費でどうのこうのはめんどいから安いの買って使おうと。

良し悪しは分からんけど安かったAUKEY BR-C1を買った。

スピーカーに繋いでスマホとペアリングしたら音が出た、いい感じに使えてた。

故障

7月に買ったから初期不良じゃない、多分。

今日使おうとしたら赤青のランプがつきっぱなしで、ボタンを押してもうんともすんとも言わない。連打しようが長押ししようがLEDは変わらんし音も何も出ない。しばらく使わなかったからいつ壊れたかも分からん状態。バッテリー切れが近いとかそういうあれかと思って電源繋いだらちょっとランプが明るくなった。その後しばらく置いてみても何も変わらず。

分解

ネットで調べてもバラし方が分からんかったので、とりあえず底面のゴム板を剥ぐ。全域に渡って両面テープが貼られてたけど、四隅にネジ穴があった。細めのプラスドライバーでネジを外す。

ネジを取ったはいいものの、ガワが外せない。上面のボタンを押し込んでみたら底面が抜けた。中は基盤が1枚、基盤に張り付いたバッテリー、各種差込口がそれぞれケーブルで繋がってたりハンダされてたり。

対処

ボタンを押しても電源が落とせないからバッテリーのケーブルを引っこ抜いた。LEDの明かりがようやく消える。

バッテリーを繋いだ。LEDはつかない。

ボタンを押してみたら電源がついた。
ヘッドホンに挿したらSEが鳴った。
ちゃんとSEを鳴らしながら終了もできた。
スマホとペアリングできた。
音楽も流せた。

直ったってことで基盤を戻して底面はめ込んでネジ止めしてゴム板貼り直して終了。

ゴム板は分厚いので、四隅の両面テープがなくても平気。

備考

直ってよかったし、分解も簡単だった。
ただ、分解にあたっては細めのドライバーが必要なので、持ってない人は買わないといけない。まあ百均とかで精密ドライバー買えばいいと思うけど。

数年前にコンビニで買ったドライバーセットの一番細いやつが使えたので助かった。

しかしまあ、何が原因だったのかホント謎。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加