[php]PHPMailer導入(非Composer)

Reading Time: < 1 minute

やる。

環境

PHP 7.1.18(XAMPP)

ライブラリ

PHPMailer 6.1.7(現状最新版)

ダウンロード

GitHubでDLしてくる。
「Code」をクリックして「Download ZIP」をクリックすれば「PHPMailer-master.zip」がダウンロードされる。これを使う。

展開・配置

展開

「PHPMailer-master.zip」を展開(解凍)したら「PHPMailer-master」フォルダができるのでフォルダ名を「PHPMailer」にリネーム。

配置

「form」ってフォルダ(ディレクトリ)配下でやっていくことにする。
こっからの作成イメージはこんな感じ。

フォームのバリエーションが増えたときに面倒がなさそうな配置をイメージした感じのアレで。

Composerを使わない姿勢

まず使ったことがないというのがひとつ。
composerありきで話を始めることに慣れるのがなんか嫌なのがひとつ。
使う前にどういうもんかちゃんと調べときたいのがひとつ。
調べたはいいけど分かりを得た人向けの記事ばっかで、なんとなく想像はつくけど触るの怖いって気持ちが拭えないのがひとつ。

まあ使うとしたら一番最初の整地段階から導入しとくのがいいんだろう、ということはわかった。

PHPMailerを動かす

本題。

  • 配置したPHPMailerは触らない
  • 自作するPHPの送信処理をするタイミングでPHPMailerを読み込む
  • PHPMailerの機能を経由してメール送信する

自作ページ内での設定やら入力内容で諸々が完了する、ってことを認識しておく。

次に以下の記事を読む。
PHPMailerによるメール送信 – Qiita

次に以下のコードを読む。

各所にメールサーバーとかメールアドレスを打ちこんだら動くよ。
先述のディレクトリ構造を前提に一部変更してある。

リンク先のものと見比べたらComposerのautoload.phpって便利で魅力的だなって分かりますね。ファイル数が少なけりゃ手打ちで済むけどやっぱめんどくさいねっていう絶妙な温度のだるさを解消してくれたりするってやつですね。

まあとりあえず、PHPMailerはそれ単体で独立してて、Composerは各々の作ったフォームとの架け橋になってくれるんだっていうのを知れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加