[xampp+eccube4]ローカルでECCube4の環境作成

Reading Time: < 1 minute

前置き

某案件によりECCube4でサイトを作ることになった。
現在のサイトはECCube2.11で構成されている。
それぞれの必要環境を見るとPHPのバージョンが違う。
現環境の某WEBサーバーはサーバー単位でしかPHPバージョンを変えられない。
片方が動けばもう片方は動かない、終わってる。
どうしようもないので新しくまたサーバーを借りてもらうしかない。

それはそれとして、作業自体は進めていかないと納期まで無駄な時間を過ごして後で泣きを見ることになるので、仮環境を作ってそっちでやっていく必要がある。
こっちでアカウントを持っているロリポップは小分けにPHPバージョンを設定できるけど簡単インストールにあるECCubeが3だったので今回の4と違うので入れられない(≒めんどくさい)。
というかロリポップでCMS動かすとぶっちゃけ重いんで、手間かけてもどうなのよというやつ。

仮環境のために新しく借りるのも嫌なので、ローカルでやっちまえということにした。
5年以上ぶりにXAMPPを導入することになる。
念の為検索したら例があったんでやれそう。
でもその通りでいってないのでメモ。

環境

Windows10

ファイル群

XAMPP本体
XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

ECCube4本体
EC-CUBEダウンロード | ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」

ECCube4をインストールできるようにする

ECCube4をインストールするためには事前準備が必要。
サーバーとデータベースをそれぞれやっとかないといけないんでめんどくちゃい。

サーバー(XAMPP)の準備

1.XAMPPをインストール

本体をダウンロードして「C:XAMPP」にインストール。
バージョンは「xampp-windows-x64-7.2.28-0-VC15-installer.exe」。
使えたらいいんで最新とかそういうのは気にしてない。

2.EC-Cube4をダウンロード・設置

バージョンは「4.0.3」。
最終的に設置するのと揃えないとだから、 これはちょっと気にしてる。
気にしてるというか導入バージョンは覚えておく。

ダウンロードしたzipファイルを解凍してXAMPP配下のフォルダに設置する。
フォルダ「C:\xampp\htdocs\eccube4\html\」。

3.XAMPPの設定

今の状態でXAMPPを起動してECCubeのインストール画面に行っても「[必須] intl拡張モジュールが有効になっていません 」の文言が出て先に進まない。

「C:\xampp\php\php.ini」を編集する必要がある。
ネットで調べると「 ;extension=php_intl.dll 」の「;」を外せと書いてるが、検索をかけても 「 ;extension=php_intl.dll 」 は無かった。

  1. 「php.ini」の最終行に「 extension=php_intl.dll 」を追記して保存。
  2. 「XAMPP」の「Apache」の「Start」を押す。
  3. 「XAMPP」の「MySQL」の「Start」を押す。
  4. Webブラウザで「 http://localhost/eccube4/html/ 」にアクセスする。
  5. 注意文がなくなってるのでインストールを始められる。

注意文がなくなったって意味で次に進められるってだけで、データベースのことが残ってるからインストールは始められない。

ついでにSSL化する

ECCube4はセットアップ時にSSLのなんちゃらの項目があるし、そうでなくても本番でSSLは絶対無視できないご時世なのでこっちでもやっとかないと怖い。

検索すれば色々出てくるんだけど、バージョン違いで無理だとか、書いてあるとおりやってんのによく分からんままできないとか、非常に困る。
その中でこの記事は分かりやすいしうまくいった。
最高です、ありがとうございます。

XAMPP を使い、ローカル環境に HTTPS サーバーを構築 – セーヌ川の眺め

メモ

「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」をいじるってところは躓くかも。
直接ファイルのところに行ってもいじれないので以下の手順を踏む。

  1. エディター(メモ帳でもなんでもいい)を「管理者として実行」
  2. ファイルを開く(Ctrl+O)で「 C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts 」を指定して開く
  3. いじる
  4. 上書き保存

データベース作成

やること自体は簡単。

  1. XAMPPのApacheとMySQLを起動
  2. PHPMyAdminを開く
  3. 左メニューから「新規作成」をクリック
  4. 任意のデータベース名を記入
  5. 照合順序は「utf8_unicode_ci」を選択
  6. 「作成」をクリック

記入した「データベース名」を控えておいて、後は下記URLで確認しながら進める。上の内容で分からなければ詳しい説明の記事もリンクされてるので困らないです。

[EC-cube 4] ローカル(XAMPP)にインストールする | cocotiie ココッティ―

まとめ

ネットには色んな情報が転がってる。
鮮度の目利き、トライアンドエラーの精神、玉石混交に心を折られない強さがあれば、書店で中途半端な内容しか書いてないくせにご立派なお値段の本を買い漁らなくても、なんちゃら教室にお金を払って周りに足を引っ張られたりうっすい内容に時間を浪費しながらのお勉強に行かなくても、ほんと、ガッツがあれば電気とネット回線とパソコンがあればどうとでもなる。
めっちゃありがたい。

まあそれでも、自分の技術向上をタダでできる有り難みはあってもそこ止まりなので、ちゃんと活用できるか、その土壌を用意できるかってのはあるので、こう、ライフハック的なそういう程度のアレですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加